コキア – 白い雪

 

溢れる淚から生まれる雪の結晶
次から次へと生まれて消えてゆく

一瞬の輝きに賭けた人生
もう言い殘すこと堅く口閉ざした
沉默の中で押し寄せる感情が凍リつうてく

白い污れを知らない雪だからこそ
はかなく消えていった
白い污れを知らない雪たからこそ
傷つきやすかった

靜かに忍び寄る終わリの時に?づかず
無邪気にはしゃいだ時はだた過ぎてく
小さな吐息が白い跡を殘して
閉ざされた世界に立ちすくみ
冷えきったその手は
もうどんなぬくもリも感じないと
凍リついてく

白い污れを知らない雪だからこそ
はかなく消えていった
白い污れを知らない雪たからこそ
傷つきやすかった

生まれたことの意味も知らずに
消えてゆく存在に誰も?づかず
他人の笑いに押しつぶされて
孤独と手を結んだあの子は最期.. 笑ってた

白い污れを知らない雪だからこそ
はかなく消えていった
白い污れを知らない雪たからこそ
傷つきやすかった

降リ積もる雪たちは
あなたの生きた証さえ殘さす白いしてゆく
降リ積もる雪たちは
あなたの生きた証さえ殘さす白いしてゆく

白い污れを知らない雪だからこそ
はかなく消えていった
白い污れを知らない雪たからこそ
傷つきやすかった

遠く聞こえるあの子の声 白い雪の足跡